一時代を築いた京急1000形(1)

 東京都交通局(都営地下鉄)1号線(現・浅草線)乗り入れ用として計画され、乗り入れ開始に先立つ1959年に製造を開始、1978年(昭和53年)までの19年間で旧デハ800形・850形からの編入車を含めて356両が製造された。製造期間と使用期間が長期にわたるため、非常に多くのバリエーションが存在する。
1968年(昭和43年)までの製造車では車体製造者により台車が異なり、電装品の製造者により駆動方式、歯車比、電装構成が異なっていたが、1971年(昭和46年)以降の製造車ではこれらが製造者に関わらず統一されている。
 全車電動車の2両1ユニットで構成、M1系車に主制御器、M2系車に補器類を搭載する。編成構成の自由度が高いことを活用し、1970年代から2000年代に至るまで頻繁な編成替えで需要の変化に対応してきた。
1968年6月21日から都営1号線との相互乗り入れ開始以降長らく直通運用に使用され、都営浅草線・京成電鉄・北総鉄道北総線の各線にわたり広く運用されたが、2008年11月7日に乗り入れ運用を終了した。
運転台の有無や搭載機器に関わらず、356両すべての車両形式が「デハ1000形」であるため、単一形式としては私鉄最多製造車両である。
 長期にわたって京急を代表する通勤車両として利用客や鉄道ファンから親しまれてきたが、経年による老朽化の進行に伴い、新1000形などの省エネルギー車による置き換えが進んでいる。非冷房で落成した車両はすでに全車廃車され、当ページ作成(2010年5月)時点では僅かに20両を残すのみとなり、大師線・本線普通運用で見かける程度になってしまった。
 筆者は本格的な廃車が始まる前から撮影していたため、バリエーション豊かな当形式を記録に残す事ができた。以下に後期型を中心に紹介したいと思う。  (後段を除き、Wikipedia解説文を引用)


1259×8連(京成押上線・四つ木にて)


1301×4+1305×4の8連貫通編成。(京成押上線・四つ木にて)


1275×6連。もともと8連だったが、中間の2両を抜いて6連普通運用に充てられていた頃。(黄金町にて)


1333×4連に中間ユニットを組み込んだ6連。(黄金町にて)


1325×4連を品川方に、1000形オール12連のB特(旧・通勤快特)。(黄金町にて)


1149×4連を先頭に、12連の線内特急。白幕車も健在!(黄金町にて)


1337×2連+4連の珍しい編成。(黄金町にて)


1313×4連を先頭にした12連C特。ラッシュの終わりはもうすぐだ。(黄金町にて)


1301×4連+1305×4連の8連運用に就く直通運用。(能見台〜金沢文庫)


1321×4連+1325×4連の直通運用。(能見台〜金沢文庫)


1267×8連貫通編成。2000年ごろはSH運用の半数を1000形が担っていた。(能見台〜金沢文庫)