西武の小さな電機、E31形

 昭和44年の西武秩父線開業以来、東横瀬の三菱マテリアルから運び出されるセメント輸送は私鉄唯一のF級電機であるE851形が牽引していましたが、工臨などは昭和初期や大正時代の古典電機が牽引していました。そんな古典電機も老朽化による部品代替が困難になってきた昭和末期、置き換え用としてE851形をショートサイズにしたようなD級電機が西武所沢工場から誕生しました。

 彼らの名はE31形。車体こそ新製だが、下に履く台車は旧国鉄の飯田線に在籍していた80系電車のDT20形を流用したものであり、台車に装荷する主電動機もコイルの巻き直しがされてはいたが、DT20台車と同じく、旧国鉄から譲り受けたものである。コンプレッサーはこれまた旧型電車では馴染み深いAK-3型。車体が電機なのに、走行音は旧国そのもので、そのアンバランスさが逆に新鮮に見えたものです。

 そんな小さな電機、E31形も製造から20数年が経過して電気部品の調達が段々と難しくなってきました。同業他社では電動貨車による工臨や電車牽引によって電機そのものが無くなりつつありました。西武鉄道社内では、後継機関車の検討もしていたようですが、電機を扱える動力車操縦免許保持者(いわゆる機関士)の育成を止めたところを考えると、E31形の後継機関車の誕生は無くなったと言っても過言ではないでしょう。そんな「西武最後の電気機関車」E31形の仕事ぶりを、過去のアルバムから少しスキャンしてみました。



花小金井〜小平にて。上石神井から改造のために武蔵丘へ向かう。


同じ列車を後追いで。


山下りしてきました。飯能にて。


入間川をコトコト渡る重連のE31.。


新製車両は必ず彼らのエスコートでやってきます。


ひと仕事終えたから帰りますよ。。。小手指にて。


きょうは工臨でやってきました。仏子にて。