Author Archives: 東京遊歩人

【とさでん】 南国高知の路面電車たち

2月10日から12日にかけて、高知市周辺を訪問してきました。
目的は3つありまして、ひとつはライオンズB班(2軍+ベテラン)のキャンプ見学、二つ目は土佐電気鉄道からとさでん交通軌道線になった路面電車観察、三つめはライオンズB班対阪神タイガース2軍の練習試合観戦です。

ここでは、とさでん交通の軌道線について取り上げます。メディアなどでご存じでしょうが、土佐電気鉄道・高知県交通・土佐電ドリームサービスの3社の経営統合・共同新設分割方式により2014年10月1日に設立同日付で3社が運行していた軌道・バス路線を引き継いで営業を開始したものであります。現在は検査期限の達したものから入場時に塗装変更が進んでいる状況ですので、未だ土佐電気鉄道塗装の車両が数多く残っています。こんな過渡期を記録するのも大切かもしれませんね。

伊野線の終点、伊野電停。

切れたレールが左方に伸びている。

このレールは駅長配置時代には伊野車庫があった名残。
現在はこの奥がパーク&ライドの駐車場になっている。

伊野線は鏡川橋から単線になって道路のサイドに軌道が敷かれてます。

車道と明確に分かれてるので専用軌道のように見えますが、法規上は併用軌道です。

 

また、伊野線の特徴としてアップダウンが激しいこと。
勾配票が見当たらないのですが、60‰あるのかなぁ?

単線区間が長いので、途中交換が発生しますが電気信号が無いのでタブレットによる通行方式です。
写真は5年前に旧八代信号場から移設した中山信号場。最近タブレット受け渡し忘れの事故があった為(?)なのか、レールの間にも60センチ四方のプレートで大きく注意書きが…

鴨部~朝倉は道路が狭すぎるので、軌道上も車の走行が可能です。
ところで3枚目は市場前信号場で撮ったのですが、下段の①②③って何の意味でしょうね? とさでんを何度も撮影している先輩に聞いたのですが「続行運転用かも?」とのこと。

鏡川橋を出てすぐ鏡川を渡るのですが、立派な橋梁です。

桟橋線で名鉄からの移籍車592号車が運用してました。
車内は化粧板ではなく、ペンキの直塗りってところがレトロさを出してます。

とさでんの検修施設を併設する桟橋車庫。

桟橋線は交通量もそれほど多くなく、道路も広いので撮影しやすいです。
あと緑化軌道の区間が長いのも特筆すべき点かも…

2000形は軽快電車のスタイルですが、足回りは200形の流用で吊掛けモーターです。アンバランスだなぁw
100形は唯一の連接車で唯一のインバーター車。愛称「ハートラム」。アルナ車両のリトルサンダー(ロング)タイプ。

終点まで行くのは半数以下で、大半は途中で折り返す(朝倉・鏡川橋・文殊通・領石通)すべて本線上で折り返すので、写真のように同じ行き先表示の車両が上下線で並ぶことも。

後免線の終点、ごめん町。
バスターミナル併設で、待合室とローソンが一体化している(ローソン南国ごめん町店)
ローソン店舗とローソンラッピングの702号車を絡めてみたw

とさでん全線乗車したので、延長戦としてハートラムの入庫便と夕暮れ、夜のはりまや橋を。

また、路線延長が20キロを超えるので保有車両数も多く、多数の形式が見られるのもとさでんの特徴です。
ただし、外国からの譲渡車については現状貸切運行でしか使われていないとのこと。
高知市の中心街、はりまや橋は桟橋線~駅前線(南北線)と後免線~伊野線(東西線)が平面交差し、運行本数も多いことから一日中見ていても飽きないと思います。

 

【広電】 日本最大の路面電車ネットワーク

冬休みの後半は広島に移動して「広島電鉄(広電)」を撮影してきました。18メートル級の3連接車1000形「Green Mover LEX」の導入が進み、少しずつではありますが在来車も減ってくるでしょうから、この4~5年は目が離せないといっても過言ではないと思います。

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年も「小平中央駅」「(新)小平中央駅・業務日誌」をよろしくお願い致します。

年末年始は東京に戻り、束の間の休息を過ごしました。
西武2000系は更に廃車が進み、取り扱いに難のあった2000N系2097編成までもが廃車されるという状況で、
短い間にスナップ写真も撮っておきました。
次年度の新車(恐らく40103編成~40105編成)で大規模更新した2031編成・2033編成と2両固定を除いた
在来車は僅かになるでしょうが、時間を見つけて撮影に臨みたいな…と思っています。
(果たして東京に顔を出す時間はあるのだろうか…笑)

【JR】 伯備線撮影(12/25)

クリスマスの3連休および、年末年始は「やくも」の4連運用に増結車3両が付いて全列車6両編成以上になっております。いわゆる多客期対応ですが、「くろしお」用の日根野から転属してきた381系も「ゆったりやくも」仕様に改造が済んでいるようで、マニア受けする混色運用は見られなかったのは残念(´・ω・`)

1004M・やくも4号 (足立~備中神代)

3082レ・EF64 1004+コキ10両 (足立~備中神代)

4031M・サンライズ出雲 (備中神代~足立)

3082レ (方谷~備中川面)

1008M・やくも8号 (方谷~備中川面)

1005M・やくも5号 (備中川面~方谷)

1009M・やくも9号 (方谷~広石信号場)

852M (方谷~備中川面)

1014M・やくも14号 (方谷~備中川面)

1011M・やくも11号 (備中川面~方谷)・・・後追い

854M (備中川面~木野山)

1016M・やくも16号 (備中川面~木野山)

1018M・やくも18号 (方谷~備中川面)

856M (備中川面~木野山)

3084レ・EF64 1028+コキ10両 (備中川面~木野山)

1020M・やくも20号 (日羽~豪渓)

3084レ (日羽~豪渓)

【一畑電車】 世代交代の進む「ばたでん」

2012年に車両の更新計画が変更され、置き換えが始まる直前の一畑電車を訪問したのが2014年の4月でした。
そのときのレポートはこちら
【一畑】 一畑電車撮影記(その1)
【一畑】 一畑電鉄撮影記(その2)
あれから2年半、東急からの譲渡車1000系は計画通り2両編成3本が運行開始しており、いよいよ86年ぶりの自社発注新造車7000系が導入されるなど、話題が続く一畑電車を再訪問してきました。岡山から車でも3時間ほどで松江に行けるのですが、途中の蒜山高原付近が冬タイヤ規制が始まっていたので今回は前夜にバスで松江入りして仮眠、翌朝から行動開始する安全策で撮影に臨みました。

1003編成「しまねっこ号II」 (松江イングリッシュガーデン前~松江しんじ湖温泉)

7001編成、急行出雲大社号の送り込み回送 (松江イングリッシュガーデン前~松江しんじ湖温泉)

1002編成は標準色 (松江イングリッシュガーデン前~松江しんじ湖温泉)

急行出雲大社号。水鏡にはならず…(´・ω・`) (朝日ヶ丘~長江)

「道の駅・秋鹿なぎさ公園」から望遠で古豪3006編成 (松江フォーゲルパーク~秋鹿町)

スイッチバックの一畑口を発車した下り電車1001編成 (一畑口~伊野灘)

長閑な田園風景が続く (園~湖遊館新駅)

布崎~雲州平田にて1003編成「しまねっこ号II」

布崎~雲州平田にて1003編成「しまねっこ号II」(後追い)

稲生神社の鳥居越しに新型車7001編成を眺める (高浜~遥堪)

高浜川を渡る1001編成 (出雲大社前~浜山公園北口)

3006編成はさよならヘッドマークを掲出 (雲州平田~旅伏)

近代的な橋梁を渡る1003編成「しまねっこ号II」 (布崎~雲州平田)

宍道湖をバックに小山の上から俯瞰気味に (園~湖遊館新駅)

さよならヘッドマークは前後で異なるデザイン。3006は一畑色のヘッドマーク。
「だんだん」とは出雲弁で「ありがとう」の意 (園~一畑口)

3016側は南海色のヘッドマーク。
「ズームカー」と南海時代の愛称も (園~一畑口)

夕日を浴びる「しまねっこ号II」 (伊野灘~一畑口)

再び「道の駅・秋鹿なぎさ公園」にて。松江しんじ湖温泉ゆき急行出雲大社号 (高ノ宮~松江フォーゲルパーク)

3000系と1000系。去る者と追い出す立場。この並びを撮るファンが田舎の小駅に数名集まった (津ノ森)