Category Archives: 2000系・新2000系

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年も「小平中央駅」「(新)小平中央駅・業務日誌」をよろしくお願い致します。

年末年始は東京に戻り、束の間の休息を過ごしました。
西武2000系は更に廃車が進み、取り扱いに難のあった2000N系2097編成までもが廃車されるという状況で、
短い間にスナップ写真も撮っておきました。
次年度の新車(恐らく40103編成~40105編成)で大規模更新した2031編成・2033編成と2両固定を除いた
在来車は僅かになるでしょうが、時間を見つけて撮影に臨みたいな…と思っています。
(果たして東京に顔を出す時間はあるのだろうか…笑)

【西武】 2000系スナップ写真withさくら

3月21日に開花宣言した東京のソメイヨシノ。
その後、気温の低い日が続き満開まで時間がかかりましたが、31日に満開宣言が発表され、この週末が一番の見頃だったところも多かったでしょう。天気は生憎の曇り空でしたが、逆に西武沿線は逆光に悩まされることもなかったので撮影しやすかったように感じます。

そんな今週末ですが、3日に新宿線沿線を散歩して数を減らしつつある旧2000系とサクラのコラボレーションを楽しんでまいりました。新形式40000系のリリースも出たことで、更に数を減らすのが確実な旧2000系。この1~2年が撮影の勝負どころと言っても過言ではないかと思います。

柳沢2号(西武柳沢~田無)

柳沢2号(西武柳沢~田無)

柳沢2号(西武柳沢~田無)

柳沢2号(西武柳沢~田無)

柳沢2号(西武柳沢~田無)

柳沢2号(西武柳沢~田無)

関3号(武蔵関~東伏見)

関3号(武蔵関~東伏見)

関2号~関3号(武蔵関~東伏見)

関2号~関3号(武蔵関~東伏見)

関2号~関3号(武蔵関~東伏見)

関2号~関3号(武蔵関~東伏見)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

薬師2号(新井薬師前~沼袋)

【西武】 2000系スナップ写真

ご無沙汰しておりました。

2代目L-trainの走行初日以降、臨時列車やネタ運用は見向きもせず2000系初期型のスナップ写真を撮影しておりました。とはいっても、誰でも入れるような中高層建築物が沿線には皆無なので、上から見下ろすような写真が殆ど撮れないのが残念です。更にロケハンを重ねて、様々な角度からの表情を捕らえていきたいと思います。

東村山~小川

東村山~小川

東村山~小川

東村山~小川

東村山~小川

東村山~小川

狭山市~新狭山

狭山市~新狭山

高田馬場

高田馬場

中井~新井薬師前

中井~新井薬師前

中井~新井薬師前

中井~新井薬師前

中井~新井薬師前

中井~新井薬師前

花小金井~小平

花小金井~小平

西武新宿~高田馬場

西武新宿~高田馬場

西武新宿

西武新宿

西武新宿

西武新宿

西武新宿

西武新宿

高田馬場

高田馬場

【西武】 1月10日、西武新宿線

3連休の中日は地元西武新宿線を撮影。
新しい撮影地の開拓や2000系のスナップ的な写真を撮りたかったのですが、やはり土休日ダイヤになると2000系初期型の稼働はガクンと落ちますね…(´・ω・`) 効率よく2000系初期型を撮るなら、やはり平日に撮影しないと。

2007編成 (2016-01-10 小平~花小金井)

2007編成 (2016-01-10 小平~花小金井)

20154編成「傷物語」ラッピング (2016-01-10 下落合~高田馬場)

20154編成「傷物語」ラッピング (2016-01-10 下落合~高田馬場)

IMG_6590

2403編成+2033編成 (2016-01-10 下落合~高田馬場)

38115編成「100周年フォトトレイン」 (2016-01-10 下落合~高田馬場)

38115編成「100周年フォトトレイン」 (2016-01-10 下落合~高田馬場)

IMG_6651

2401編成+2045編成 (2016-01-10 下落合~高田馬場)

【西武】 Rail Magazine 2016年2月号発売

早売り店舗では本日から、一般書店(東京地区基準)では週明け12月21日発売のネコ・パブリッシング社「Rail Magazine」2016年2月(通巻389)号にて拙稿の記事が掲載されることになりました。

タイトルは「西武2000系初期型・パーフェクトガイド」
ちょっと大袈裟かな…と思っていたのですが、これまで趣味誌で取り上げられてきた西武2000系も紙面の都合などで断片的な記事になってしまうことも多く、自分の中で2000系をトータルでまとめてデータベース的なものを作っておきたかった思いや、今年はシルバーウィークで9連休ができたので集中的に調査に臨めたこと、昨年で3000系が全廃されて今年から2000系初期型の廃車が始まりそうだったこと(実際に10月1日を皮切りに現在4本廃車)が背景にあります。

一方ネコ社側も割と私鉄の記事は多かったものの何となく国鉄型!みたいな雰囲気(これは先代や先々代の編集長の意向もあったかと…)からより広い分野に取り組みたい意向や、次号の特集「来春で変化が見込まれる列車・車輌」に西武2000系も合致していたこと、などから割とスンナリと企画が通ったような気がします。

今回は本文量もこれまで自分が執筆した中でもボリュームが大きく、また写真・資料も増えてきたことから、自分一人で10ページも割かせていただくことになりました。本当にありがたいことです。昨今の出版業界の事情から配本数が減少気味とはいえ、主要書店には並ぶでしょうから撮影のお供に、また車両研究の一助になれば幸いです。

今月号の表紙。筆者の大好きなPFです。

今月号の表紙。筆者の大好きなPFです。

image image