Category Archives: 6000系

【西武】 6157編成「黄色い電車」運行開始

4月18日(土)、西武6000系6157編成が西武イエローのラッピングを纏って運行開始しました。
これは池袋線池袋~飯能間開業100周年記念事業の一環で、車体を西武イエローのラッピング、ドアを明るいグレー塗装でステンレスドアに見立て、9000系までの普通鋼車体でおなじみの「黄色い電車」をイメージしたものです。
初日の18日は池袋から所沢までを、乗車券を持っていれば誰でも乗車できる臨時快速急行電車として運行されました。
なお、この6157編成は明日以降は通常の6000系と共通運用で、池袋線・狭山線・西武有楽町線のほか東京メトロ有楽町線・副都心線・東急東横線・みなとみらい線で運用される予定です。

 

送り込みの回送電車。被られました・・・(2015-04-18・清瀬~東久留米)

送り込みの回送電車。被られました・・・(2015-04-18・清瀬~東久留米)

本運転。フルカラーLEDが止まるようにSSを落として少し流してます。(2015-04-18・東久留米~清瀬)

本運転。フルカラーLEDが止まるようにSSを落として少し流してます。(2015-04-18・東久留米~清瀬)

【西武】 6112F玉川上水入場(LCD化改造)

8月17日(日)、客室内案内表示機のLED→LCD化改造が進められている6000系のうち、6112Fが小手指~所沢~上石神井~小平~玉川上水の経路で入場しました。

玉川上水に向かう6112F。(2014-08-17 小平~萩山)

玉川上水に向かう6112F。(2014-08-17 小平~萩山)

【西武】 武蔵丘検修場の一般公開実施される

9日(日)、埼玉県日高市にある西武鉄道の総合車両工場「武蔵丘検修場」にて一般公開が行われ、「西武・電車フェスタ2013 in 武蔵丘車両検修場」が開催されました。武蔵丘開設後すぐの2002年から毎年開催されるこのイベントも13回目を迎え、すっかり毎年恒例のイベントです。
当日は通常目にすることのできない車両検修作業の一部を見学できるほか、トラバーサなど各種機械への乗車体験などの実演・体験イベント、車両撮影会、鉄道部品・グッズ販売、タレント・立川真司さんのものまねライブなどを行われました。また今回のイベントでは「西武鉄道 100 年」×「FM NACK5 25 周年」のコラボ企画イベントとしてスギテツミニライブの開催、 飯能市・日高市などの後援による、飯能商工会議所・日高市商工会の協力による出店と、飯能吹奏楽研究会による吹奏楽演奏など地元との共生が見所のひとつでした。
会場へのアクセスはこれまでの池袋発から、今回初めて直通運転先の東急東横・みなとみらい線から直通臨時電車が運転され、「西武鉄道 100 年」×「FM NACK5 25 周年」ラッピングの6155編成が運用の任に就きました。また飯能~武蔵丘のシャトル便には9101編成、所沢→武蔵丘には立川真司さん乗車によるイベント列車が運転され、こちらは「L-train」3015編成が充当されました。いずれの編成にも検修場まつりのヘッドマークが無かったため、臨時列車を撮影してもすぐには分からないのが撮り鉄としては残念でしたが・・・(苦笑)

IMG_5736

元町・中華街から運転された、往路の臨時電車。

 

所沢からの臨時電車は立川真司さんが乗車して車掌パフォーマンスが行われた。

所沢からの臨時電車は立川真司さんが乗車して車掌パフォーマンスが行われた。

IMG_5751

IMG_5753

IMG_5759

IMG_5763

IMG_5766

 

IMG_5767

 

IMG_5769

 

復路の臨時電車は急行池袋行き。 ただし飯能までは臨時表示だった。

復路の臨時電車は急行池袋行き。
ただし飯能までは臨時表示だった。

復路のシャトル便は6155編成が担当。

復路のシャトル便は6155編成が担当。

 

 

 

【西武】 3.16ダイヤ改正、東急東横・みなとみらい線直通運転開始

本日は西武鉄道・東武東上線・東京メトロ有楽町線・同副都心線のダイヤ改正日でした。
そして、東急東横線・みなとみらい線のダイヤ改正および渋谷駅移転による相互乗り入れ運転の開始日でした。

最近終電帰宅が多く、例によって寝坊してしまったので、飯能駅での出発セレモニーは撮りに行けず。
とりあえず相互直通運転開始のヘッドマークを装着した6158編成と元町・中華街表示の列車を撮影することだけに注力しました。後日副都心線~東急東横線へ出向いて撮影を行いたいと思います。

なお、ダイヤグラムにつきましては、来週後半を目標に準備を進めています。

記念HMを装着した6158編成(2013-03-16 秋津~所沢)

記念HMを装着した6158編成(2013-03-16 秋津~所沢)

乗り入れの基幹列車は西武線快速急行~副都心線急行~東横線特急と最速達種別でリレー

乗り入れの基幹列車は西武線快速急行~副都心線急行~東横線特急と最速達種別でリレー(2013-03-16 所沢)

所沢駅の発車案内。通常の「元町・中華街」表示に加えて・・・

所沢駅の発車案内。通常の「元町・中華街」表示に加えて・・・

「渋谷・横浜方面」を交互に表示。この手法は関西のJRアーバンネットワークやNKTH(1号線5社局乗り入れ)でも採用されています。

「渋谷・横浜方面」を交互に表示。この手法は関西のJRアーバンネットワークやNKTH(1号線5社局乗り入れ)でも採用されています。

先日までテープで隠されていた「横浜」の文字も晴れて日の目に・・・

先日までテープで隠されていた「横浜」の文字も晴れて日の目に・・・

 

なお、今回のダイヤ改正では地味に秩父線快急の縮小が行われ、朝の下りは秩父鉄道乗り入れの2本はそのままに、西武秩父止まりを飯能止まりに変更かつ地下鉄直通に変更。夕方の上りについては秩父鉄道乗り入れの2本が急行に格下げ、西武秩父発の1本は変更無しとなった。秩父鉄道乗り入れに使用される4000系には「急行|池袋」表示を用意しておらず、前面こそ急行池袋の表示はできるものの、側面方向幕は「急行」のみとなっている。

後追いながら4000系の「急行池袋」表示を撮ることができた。(2013-03-16 中村橋)

後追いながら4000系の「急行池袋」表示を撮ることができた。(2013-03-16 中村橋)

【西武】 「入間航空祭」に伴う臨時電車を撮影

毎年11月3日は航空自衛隊入間基地の「入間航空祭」です。この日は20万人前後のお客さんが入間基地を訪問するとあって、入間基地の最寄り駅である稲荷山公園は大混雑します。西武鉄道もこの来場者輸送に対応するために毎年特別ダイヤを実施するのは皆さんご存知のことと思います。

私も2年ぶりに航空祭臨の撮影を中心に行ってきました。なお途中昼前後は251編成の甲種輸送が控えていたため中抜けしています。そのため、午前中の下り電車はおおむね撮影できましたが、復路の臨時電車は殆ど撮れていません(もっとも、臨時電車といっても池袋行き表示なので分かりにくいのですが・・・)。

今年のダイヤをおおざっぱに見てみると、午前下りの特急電車は定期・臨時合わせて6本停車は昨年同様。一般車の入間市延長本数も昨年とほぼ変わらずです。2年前まで設定されていた飯能延長は今年もありませんでした。注目された狭山線快速(第3351電車~)の4本の立て替えのうち、頻繁に301系運用となる第3353電車は301系から4ドアの2000系2077編成に変更されていました。

復路の臨時電車として運行していた309編成ですが、池袋から第5359電車へ充当する際にクハ1310の方向幕が破損してしまいました。このため、方向幕を外したまま入間市16:19発清瀬行き臨時電車に充当されました。
なお、今回の航空際ダイヤにあたって新宿線からは20155編成が池袋線に貸し出されました。 20155編成といえば「川越市制90周年」ヘッドマーク掲出車ですが、ヘッドマークはそのままに池袋線を走行しました。