Category Archives: 小田急電鉄

【江ノ電・小田急】 初日の出と富士山を求めて

少し前の話になりますが、元旦の京王線終夜臨撮影後は新宿に戻り、小田急の「ニューイヤー23号」にて藤沢へ。
藤沢から江ノ電に乗り換えて一路鎌倉高校前へ。
鎌倉高校前といえば、国道134号を挟んで海岸線に面した駅として有名ですが、この海岸も初日の出スポットとして有名らしいので、江ノ電と初日の出を絡めた写真を撮ってみたいと思いました。日の出の時間帯の露出とピントの設定が殆ど経験を持っていないので難しかったですが、一応イメージ通りの写真にはなったかな…

初日の出と1502号車 (2016-01-01 鎌倉高校前~腰越)

初日の出と1502号車 (2016-01-01 鎌倉高校前~腰越)

その後は、夕方までに自宅に戻れば良かったので撮影を続行。
空気がひんやりして澄んでいたので、これは富士山もバッチリ拝めるのではないかと思い、藤沢に戻ってから小田急で相模大野乗り換え秦野へ。小田急ファンの定番地とも言える場所で、先行きがあやしくなってきたLSEと富士山のコラボにチャレンジ。

0202レ「はこね2号」 (2016-01-01 渋沢~秦野)

0202レ「はこね2号」 (2016-01-01 渋沢~秦野)

0108レ「はこね8号」 (2016-01-01 渋沢~秦野)

0108レ「はこね8号」 (2016-01-01 渋沢~秦野)

こうして大晦日の夜10時に自宅を出てから、戻ってくるまで合計16時間の撮影行脚は無事に終わりましたw

【小田急】 “The Last Greeting ~想いは、引き継がれる。~”開催

小田急電鉄は24日(土)・25日(日)の2日間に渡って、10000形HiSE・20000形RSE・5000形の引退イベント「The Last Greeting ~想いは、引き継がれる。~」を海老名検車区で開催しました。初日の24日はあいにくの天候でしたが、2日目の25日は朝から好天となり、また人気のロマンスカー2車種の引退も一般層への影響が高かったのが理由と思われ、鉄道ファンだけでなくファミリー層も多く訪れての盛況ぶりでした。

会場の海老名検車区では、開場の10時には引退記念グッズを求める多数のファンが行列を作っており、入場に十数分を要しました。その後も入場者は断続的に増え続け、グッズ売場とロマンスカーの車内見学は行列が絶え間なく続いたのが印象的でした。

今回のイベントではいわゆる「撮影タイム」が無かったので、編成写真を撮ることは来場者の人数からして不可能でした。無理も無いと言えばそれまでですが・・・

また、今回のイベントでは正式な展示車両ではないのですが、バラスト運搬車やレール運搬車といった事業用車が集結していて、こちらを撮影するファンの姿もチラホラ・・・

【小田急】 ダイヤ改正で消える車両たち

小田急電鉄では、3月17日のダイヤ改正を前に3種の車両が引退します。

特急車では、HiSE(10000形)、RSE(20000形)の2系列が一挙に引退します。両者ともにハイデッカー構造でバリアフリーの観点で対応できないことから、これまで更新工事も行なわれてきませんでしたが、とうとう車両更新せずにそのまま引退→廃車となりました。

また、新宿からJR東海に乗り入れて沼津までを結ぶ「あさぎり」は特に御殿場~沼津の利用状況が悪いことから御殿場までの運行となり、平日に関しては1往復削減することになりました。同時にJR東海の371系も「あさぎり」運用から撤退となり、小田急車(60000形MSE)のみの運行となります。3000形SSE車時代の様子と似ていますね。

一方、通勤車も5000形が形式消滅となります。昨年1月末に6連が消滅して4連6本となりましたが、残っていた4連も順次廃車されて最後に残ったのは5063Fとなりました。これにより、いわゆる小田急顔といわれるスタイルの車両自体も消滅ということになります。

バブル時代の象徴でもあったリゾート性の強いHiSEとRSEの引退、そして小田急顔の消滅は単なる車両形式の消滅だけではなく、小田急電鉄にとっての一時代の区切りともいえるでしょう。

新ブログに移転しました

初めて当ブログにおこしの皆様、はじめまして。そして旧ブログよりご愛顧いただいている皆様、お乗換えご面倒さまでした。当ブログ管理人の東京遊歩人です。

2008年より本格的にブログを執筆するようになり丸4年を経たのを機に、ブログをサイト内のサーバに収めようと思い移転いたしました。これまでのgooレンタルブログと異なり、自分のサーバ内でwordpressというブログ用のソフトをインストールすることで、カスタマイズが大きくできるのも移転を決断した理由の一つであります。現在、とりあえずの体裁を整えた状態でありますが、逐一アプリケーションを導入して機能の追加・削除を行っていますので、表示が変わってくる場合もございますがご了承ください。今後も旧ブログ同様にご愛顧いただければ幸いです。

※記事が無いと右サイドメニューのカテゴリーが表示されないためこの記事は全カテゴリー対象にしております。ご了承くださいませ。