Monthly Archives: 7月 2012

【お知らせ】 8/5ももクロライブ対応ダイヤグラム公開

8月5日(日)に西武ドームで開催される「ももいろクローバーZ」のライブに伴う
特別ダイヤのダイヤグラムが完成しました。
下記リンク先よりPDF版がダウンロードできます(無料)

8/5 ももクロライブ特別ダイヤ(PDF版)

OuDia版についてはVectorの公開待ちとなっていますので、近日中にも
ダウンロードができるようになります。既にバージョン1.00をお持ちの方は
同じパスワードでご利用できるようになっていますので、ぜひダウンロード
してください。 Vecotorより公開開始されましたら、このエントリー記事にも
リンクを掲載します。

ダウンロード先(8/3更新されました)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se498516.html

【西武】 東急4104Fが日中試運転を開始

7月2日(月)の深夜に貸出で回送されてきた東急5050系4104F、これまで小手指車両基地の構内を試運転したり、車庫内で乗務員向け?の講習を実施してきましたが、23日(月)よりいよいよ日中の本線試運転が始まりました。初日の23日は所沢~飯能を6往復しています。21日(土)には東京メトロに貸出中の5154Fが(和光市~)小竹向原~石神井公園を3往復の試運転を行っており、相互直通運転開始は2012年度中(一部では2013年3月説がありますが・・・)を考えると、乗務員習熟としての試運転開始かな・・・と思いますがいかがでしょう?

なお、この東急5050系(4000番台も含む)、方向幕LEDの周波数限界が1/320秒の模様。1/400秒では上3枚のように表示切れを起こすので、ちょっと厄介でした。運行番号表示部分に至っては1/60秒が限界。走行写真ではきれいに写すのはほぼ不可能です。

23日の試運転実績。
朝ラッシュ時にメトロ線内でホームドア点検があった影響で一部列車に5~10分の遅延が発生しました。このため、下記時刻は予定時刻と異なっているかもしれません。あくまで現認した状況での推定時刻です。

○小手指XXXX→所 沢XXXX┐
┌飯 能09:43←所 沢09:20┘
└飯 能09:54→所 沢10:18┐
┌飯 能11:02←所 沢10:48┘
└飯 能11:15→所 沢11:39┐
┌飯 能12:22←所 沢11:58┘
└飯 能12:27→所 沢12:50┐
┌飯 能13:21←所 沢12:57┘
└飯 能13:27→所 沢13:50┐
┌飯 能14:21←所 沢13:57┘
└飯 能14:27→所 沢14:50┐
┌飯 能15:21←所 沢14:57┘
└飯 能15:27→所 沢15:50┐
△小手指XXXX←所 沢XXXX┘

6月30日のダイヤ改正に伴い、一時公開を休止していました東京メトロ有楽町・副都心線不定期列車時刻表ですが、概ね把握できましたので再公開しました。こちらでも東急車を使った試運転があると思いますので参考にどうぞ。

「有楽町・副都心線不定期回送・試運転時刻」

【お知らせ】 6/30改正ダイヤグラム公開

いつも小平中央駅・業務日誌をご覧いただき、ありがとうございます。

6/30改正の新ダイヤグラムのベースが完成しましたのでご案内いたします。
今回より、池袋線系統・新宿線系統・メトロ線系統を一括収録して公開致しました。
運用研究の一助となれば幸いです。

ダウンロードはこちらから → 西武鉄道ダイヤグラム(2012/06/30改正版)
お支払い方法について  → シェアレジでのお支払い

【西武】 271F+285Fによる団臨運転

15日に271F+285Fの4両編成による団体列車が運行されました。
行程は小手指→池袋→飯能→横瀬(客扱いは池袋から)の往路と、横瀬→西武秩父→飯能→所沢→小手指(客扱いは所沢まで)の復路でした。このうち復路については埼玉県内の走行ということで東京都の屋外広告条例に抵触しないことから、主催者製作の特製ヘッドマークが掲出されました。ヘッドマークは前後で異なるデザインで昔の快急「奥武蔵」をイメージしたようなデザインでした。

 

【ライオンズ】 7/1・埼玉西武-北海道日本ハム(11回戦)

前日の大勝でこのカード勝ち越しを決めたライオンズ。7月1日は故稲尾和久さんの背番号24を永久欠番に定めた「ライオンズ・クラシック」として行われました。

___ 1 2 3  4 5 6  7 8 9  10  計 安 失
日ハム 0 0 3  0 0 0  0 0 0  0 | 3  6 2
西 武 0 0 0  0 0 0  1 2 0  0 | 3 10 0

西武の先発は今季初登板の菊池でした。1回・2回と無難に抑えますが3回表、杉谷の3ランで先制されてしまいます。しかし、今日の菊池は気持ちが切れていませんでした。その後は伸びのあるストレートを主体に日ハム打線を封じ込み、8回3失点と先発として十分な働きを見せてくれました。ストレートの最速は150キロ、平均でも145キロといった感じで、完全に復活したと思います。

一方の打線ですが7回に代打・カーターのタイムリーヒットでようやく1点を返すと、続く8回には4番・中島が2ランホームランを放ち、試合を振り出しに戻しました。しかしその後は両軍ともに決定打を欠き、試合は特別規定により引き分けに終わりました。勢いは西武のほうがあっただけに、3連勝も狙えたので惜しかったですね。